クライム

先月、ジャパンファイナルが開催された播磨での出来事

シリーズ後半、ものすごい追い込みでランクインしたルーシアを連れて
私達より半日先に到着していた同郷のY家
着いてすぐに、先住犬のクライムの調子が悪いと、紹介してもらった現地の動物病院へ
急遽連れて行った。
一晩入院後、点滴をしたまま帰郷・・・


それから2週間

まだ6才という若さで昨日逝ってしまった


我が家のGLAYと同じ、丸い顔をしたショータイプのボーダー
キャッチセンスは抜群だったけど、本犬は・・・そうのめり込むタイプでは
なかった
やる時はやる!!が、やりたくない時は笑ってごまかす可愛いワンコ
糞尿行為の多さも、今となっては良い想い出かもしれない

子犬の時から成長を見てきたし、一緒に遠征に行く事も多かった

短かったけど、家族に思い切り可愛がられて幸せな犬生だったと思う

さようならクライム 
[PR]

by glaynova | 2007-12-08 13:44 | ワン